インプラントをするまでの手順「できる医師はこうする」

治療をするために

治療を開始するためには、まずクリニックに予約をしなくてはならないので、どういった方法があるのか覚えておくと良いでしょう。また、どちらの方法でも料金がかからない場合もあるのでお得です。

予約の手段

  • 電話をかける
  • メールを送る

インプラントをするまでの手順「できる医師はこうする」

インプラント

カウンセリングがスタート

名古屋市や堺市ではインプラントを実施している歯医者が多く存在しています。ですので、名古屋に住んでいるのであれば、名古屋駅にある歯医者にカウンセリングに行くと良いでしょう。カウンセリングでは、治療の説明が行なわれた後にレントゲンやCTなどを利用して歯の状態を検査することから始まります。ですので、金属でできているアクセサリー類はなるべく付けていかないようにするか、待機室で外すようにすると良いでしょう。そして、治療方法が定まったら実際に施術に挑みますが、心構えがまだできていない方は次の予約日に延ばすこともできるようになっています。そして、施術当日になったら30分前には到着しておくようにしましょう。そして、診察台まで呼ばれたらそこに座り、椅子を倒された後に麻酔をされます。しかし、麻酔は局部麻酔のみの場合が多いので、その日のうちに自力で自宅まで帰ることができるでしょう。また、麻酔をするので、施術の痛みは基本的にありませんし、帰り際に痛み止めをもらうことも可能となっています。

施術開始

インプラントの施術方法は簡単に説明すると、まず施術をする箇所の歯が残っている場合は抜歯をします。それが終わると歯茎を切開し、インプラントの先端がハマるように顎の骨を削っていきます。これを一日でしてしまうと、大量出血になったり、強い痛みに襲われたりすることがあるので、名古屋駅の歯科では2から3回に分けてから施術をするようになっています。また、第二施術では顎の骨とインプラントがフィットしたことが確認できたら、インプラントの頭の部分に人工歯やアバットメントを取り付けることで施術を完了することができます。

最終段階

名古屋駅の歯科医師からOKがおりたら、本格的に歯の部分を設置していきます。これが付くことによって、以前と変わらずご飯を食べたり、正しい発音をしたりすることができるようになっているのです。このように、インプラントを取り入れるには様々な過程があるので、少しでも不明点があるのならすぐに信頼のおける医師に相談すると良いでしょう。

治療をした人の声

手入れ要らずになった

以前は入れ歯を付けていましたが、ご飯を食べた後度々外さなくてはならなかったので、手間がかかっていました。しかし、インプラントであれば、その必要性が全くないので、試してよかったと思っています。

大好物を食べられた

私は20代なんですけど、おばあちゃんっ子なのでおせんべいが大好きです。しかし、事故で歯を失ってからは食べられなくなったのですが、インプラントにしたことによって美味しく食べられるようになったので感謝しています。

義歯と分からなくなった

入れ歯をしていた時は義歯と家族に気づかれてしまったのですが、インプラントにしてからはまだ誰にも指摘されていないので、心の中でガッツポーズをしました。試してみる価値は大いにありますよ。

広告募集中